ライセンス事業

Kennington(ケニントン)とは50年代後半・60年代初頭のオリジナルのボタンダウンアイビー・ルック、ラット・パックのスタイリング、60年代以降のサーフライフスタイル、70年代のウェスターン・パッチワークにキルト、テリー織やピースド・ニットのFunky & Groovy Threads、さらには80年代のディスコ・ポリエステル、そして60年にも渡るタイムレスでクラシックなハワイアンなど、いくつものファッション・ジェネレーションを謳歌してきた文化的象徴であり、アパレルのアイコンです。

Kennington Ltd., Inc.は1957年にスタン・テンドラーがカリフォルニア州ロサンゼルスのラ・ブレアとビバリーヒルズ近くの両親のガレージで創業した会社です。後に西海岸ファッション業界の勢力となる会社にとってはいたって平凡な始まりでした。

設立からまだ間もない頃、「カリフォルニア・ルック」は全国的なトレンドまでにこそなっていませんでしたが、戦後のアメリカには文化的変化が進行していました。

サンフランシスコのヒッピー・カウンターカルチャーからマリブのリラックスしたサーフライフスタイル、またベイエリアのクール・ジャズからサンフェルナンド・バレーのホットロッドのマッスルカーなどカリフォルニア・ライフスタイルがアメリカの注目を集め始めていました。カリフォルニアを生きるケニントンにはカリフォルニアの倫理的価値観が分かっていました。絶好の時期に絶好の場所にいたケニントン。彼らが提供するルックはアメリカ中に広まっていったのです。

ケニントンがガレージを出てオマール通りの小さなスペースにオフィスを構えようとしていたちょうどその頃、時はまさにボタンダウンカラーに半袖というアイビーリーグ・ルックが人気のファッションでした。ケニントンはこれに西海岸の解釈を加えます。小さ目の襟、大胆なプリント柄・・・ケニントンはこの製品で大きな賭けに出ました。このルックが彼らの最初のヒット商品となり、「ケニントン」の名をファッション業界に知らしめることになりました。

Follow us

  • twitter
  • facebook
  • instagram

Kennington Official Site

  • 事業内容
  • 会社概要・アクセス
  • お問合せ